相も変わらず台風である。しかし、下北沢まで散歩にいった。いつものカフェ。

最近は獅子文六を読んでいる。なかなか面白い。夏目漱石から現代までの間の作家が読みたいなあ。内田百閒あたりだともう古語に見えるから昭和2〜30年代の人達がいい。もっと他にこういう人いないかしら。ワクワクドキドキしたい。

 

ねじまき鳥クロニクル

村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」読了。

大作。読んでなかった村上春樹の本だから読んでみた。すごかった。村上春樹は「カラマーゾフの兄弟」が好きなんだな。

新感染、月の満ち欠けなど

豪徳寺サンマルクに寄る。カフェラテを注文。数時間ぼんやりとすごす。

昨日観た「新感染 ファイナル・エクスプレス」を思いを馳せる。「アイアムアヒーローX新幹線大爆破」か

 

「月の満ち欠け」 佐藤正午 

読了。前世物。文章が上手いがそれほどでもない。

 

 

 

 

エイミーエイミーエイミー

久々に書く。スマホから書くことにしようかな。

「エイミーエイミーエイミー こじらせシングルライフの抜け出し方」を観た。思わぬ傑作。監督は「ブライズメイズ」のジャド・アパトー。主役のコメディエンヌであるエイミー・シューマーも良かった。下ネタ全開な女性版ウディアレンといったら褒めすぎだろうか。褒めてないか。ほろりとくる恋愛映画はやはりいいなあ。

ファイディング・ドリー

f:id:tedgee:20160804142439j:plain

 

ファインディング・ドリー(2016年 アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン監督)

 

八代亜紀の下で木梨憲武室井滋らが活躍する物語である。しかしピクサーは安定した面白い映画作れますよね。ジブリの影響も高いから日本人にも観やすいのかな。映画館では意外と子供達は騒がず大人しく見ていました。「ズートピア」もそうだけどジョン・ラセターの映画は完全にハリウッドフォーマットで構築されてるんですよね。開始5分で事件を巻き起こし観客を巻き込んで、それからジェット・コースター的展開で90分ごろまで突き進み解決しそうでどんでん返し、そしてハッピーエンド。コマ割りがはっきりしてるというか、ヴェルサイユ宮殿の庭のように完全に設計されて分刻みで物語の展開を決めている。それに比べてジブリはまず庭の一角を作りこんでそこからかさぶたのように物語が膨らんで、まるでまったく設計されてない東京の都市のようにあらぬところに着地点。東洋人と西洋人の違いになってしまうんだけど。「ズートピア」のときは同時期に「レヴェナント」、「ファイデング・ドリー」の時は「シン・ゴジラ」が公開されていて、どうしても物語として後者にもっていかれてしまう。コムロサウンドというかつんくサウンドというか、ジョン・ラセターまたはディズニーは「トイ・ストーリー3」が完成形であとは良質なポップスを焼き直ししているだけに感じる。ピクサーやディズニーは結局ハリウッドフォーマットの≪良質≫なポップスに陥ってしまっていて、そこに物足りなさを感じてしまう。

シン・ゴジラ(ネタバレあり)

f:id:tedgee:20160802221808j:plain

シン・ゴジラ (2016年 庵野秀明監督)

 

シン・ゴジラ」を二度ほど観てきた。一回目を寝不足で寝てしまいちょっとストーリーをつかめず。二回目で満を持して物語を堪能した。ゴジラの足跡に気になったんだけど、鎌倉ー洋光台ー川崎扇町ー武蔵小杉って何だ? 多摩川を渡るにも迂回しすぎじゃないか。会議が長すぎとか石原さとみとかカメオ出演の発見とかいろいろ言いたいことはあるけど今回の「シン・ゴジラ」は間違いなく傑作。3・11うんぬん語られてるけど僕はそうは思わなかった。

ゴジラの圧倒的パワーにひれ伏して何もできぬうろたえる愚民どもをねめつけてむしろ至福の喜びにひたってた。自分のどこかに反権力の思考があるのかもしれない。3・11はこりゃまともにテレビ見たらPTSDになるなと思って一年間テレビは見ず、ひたすら志村けんのビデオとかを見ていたから全くつなげるという考えに至らなかった。もっといえばさらに圧倒的パワーで東京を破壊しつくしてほしかった。結局人類が勝ったけどゴジラが勝ってディストピアを終わるというストーリーでも良かったかなあ。

 

あ、あと二回目でもANIは発見できませんでした。

ハンガーゲーム FINAL:レボリューション

f:id:tedgee:20160728161601j:plain

 

ハンガーゲーム FINAL:レボリューション (2015年 フランシス・ローレンス監督)

 

ジェニファー・ローレンスが主人公の四作目。彼女は「ウィンターズボーン」から観てるけど魅力ある女優ですよね。ただし四作もやる必要あったかなー。1だけでいい。「バトルロワイヤル」のパクリがあたって続けてしまったんだろう。ストーリーはカットニス(ジェニファー・ローレンス)が反乱軍のシンボルとなって奮闘して一応ハッピーエンド。観るべきところはとくになかった。