相も変わらず台風である。しかし、下北沢まで散歩にいった。いつものカフェ。 最近は獅子文六を読んでいる。なかなか面白い。夏目漱石から現代までの間の作家が読みたいなあ。内田百閒あたりだともう古語に見えるから昭和2〜30年代の人達がいい。もっと他…

ねじまき鳥クロニクル

村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」読了。 大作。読んでなかった村上春樹の本だから読んでみた。すごかった。村上春樹は「カラマーゾフの兄弟」が好きなんだな。

新感染、月の満ち欠けなど

豪徳寺のサンマルクに寄る。カフェラテを注文。数時間ぼんやりとすごす。 昨日観た「新感染 ファイナル・エクスプレス」を思いを馳せる。「アイアムアヒーローX新幹線大爆破」か 「月の満ち欠け」 佐藤正午 読了。前世物。文章が上手いがそれほどでもない。 …

エイミーエイミーエイミー

久々に書く。スマホから書くことにしようかな。「エイミーエイミーエイミー こじらせシングルライフの抜け出し方」を観た。思わぬ傑作。監督は「ブライズメイズ」のジャド・アパトー。主役のコメディエンヌであるエイミー・シューマーも良かった。下ネタ全開…

ファイディング・ドリー

ファインディング・ドリー(2016年 アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン監督) 八代亜紀の下で木梨憲武、室井滋らが活躍する物語である。しかしピクサーは安定した面白い映画作れますよね。ジブリの影響も高いから日本人にも観やすいのかな。映…

シン・ゴジラ(ネタバレあり)

シン・ゴジラ (2016年 庵野秀明監督) 「シン・ゴジラ」を二度ほど観てきた。一回目を寝不足で寝てしまいちょっとストーリーをつかめず。二回目で満を持して物語を堪能した。ゴジラの足跡に気になったんだけど、鎌倉ー洋光台ー川崎扇町ー武蔵小杉って何だ?…

ハンガーゲーム FINAL:レボリューション

ハンガーゲーム FINAL:レボリューション (2015年 フランシス・ローレンス監督) ジェニファー・ローレンスが主人公の四作目。彼女は「ウィンターズボーン」から観てるけど魅力ある女優ですよね。ただし四作もやる必要あったかなー。1だけでいい。「バトル…

ジョン・ウィック

ジョン・ウィック (2014年 チャド・スタエルスキー監督) キアヌ・リーブス主演。なんだかなー。「コール・オブ・デューティー」や「バトル・フィールド」等のFPSを散々やった身だけど、派手なガンアクション映画は意外と苦手かも。ストーリーは平凡。犬を…

野火

野火 (2014年 塚本晋也監督) 大岡昇平原作の「野火」。珍しく原作既読。戦争映画はフィルムぽいのが良いのだが、これはデジタルで撮っている。今の時代、デジタルは当たり前なんだけどたまにげんなりするときがある。しかし死体はリアルでぐろくて良かった…

黒衣の刺客

黒衣の刺客 (2015年 ホウ・シャオエン監督) 退屈。映像美なのか。妻夫木聡が出てたらしいけど気付かなかった。ストーリーは暗殺者が主人公なのだが、いかんせんストーリーが読み取りにくい。殺陣も下手くそ。小津に影響受けた人が武侠映画を作ってみました…

凶悪

凶悪 (2013年 白石 和彌監督) WOWOW。「日本で一番悪い奴ら」も観たけどこの監督は韓国のクライムサスペンス映画に負けたくないのか。それとも80年代以前のヤクザ映画の雰囲気を出したいのか。悪役がリリー・フランキーとピエール瀧のサブカル出身の二人な…

ゼロの未来

これからブログを始めようと思っている。何年ぶりかなあ 。はあ、続くかなあ。とりあえず観た映画を淡々と綴っていく。オススメはできません。栄えもない一本目は、 「ゼロの未来」(2013年、テリー・ギリアム監督) WOWOW。フィリップ・K・ディックやウィ…